PROJECT
FAQ

岩城滉一が実際にフライトするのはいつですか。
SXC社から公表されているスケジュールでは、2014年に実機のテストフライトが行われ、民間人のフライト開始が2015年4月~6月予定となっています。このフライトスケジュールに関しては、現在機体の最終調整段階に入っていますが様々な理由でスケジュール遅延の可能性が考えられます。スケジュールに関しては最新情報が入り次第随時更新させて頂きます。


なぜ岩城滉一は宇宙に行くことになったんですか。
岩城氏が長年愛用している腕時計ブランド「Luminox」が2012年にこの民間宇宙旅行・探索会社であるSXC社と提携を行いました。それに伴いLuminox側より、愛用者であり、多くの挑戦を続けている岩城氏に対して挑戦してみてはという話が持ちかけられたのがきっかけです。実際のフライト費用等は岩城氏が実費で支払いを行っています。


岩城滉一のフライトを見に行くことは誰でもできますか。
フライト時の詳細に関して、一般の方の見学が可能かは現段階では分かりかねます。また、メディア関係者の方々の取材や取材可能範囲に関しましても、フライト詳細が決まり次第ご案内させていただきます。


誰でもこの宇宙旅行に行くことはできますか。
18歳以上で肉体的にも精神的にも健康な方でしたら宇宙旅行は可能です。


宇宙旅行に必要なトレーニングはなんですか。
実際の戦闘機L-39アルバトロスでのトレーニング、デスデモーナ・シミュレータでのトレーニング、その他ZERO-Gを体感するトレーニングはオプションとして別途費用で参加することが可能です。


宇宙旅行にかかる費用はいくらですか。
高度61㎞のLynx MarkⅠで95.000USD、高度100kmのMarkⅡで100.000USDとなっています。この費用にはL39アルバトロス、デスデモーナ・シミュレータのトレーニング費用も含まれています。


宇宙空間にはどのくらい滞在するのですか。
無重力空間の滞在時間は高度61㎞のLynx MarkⅠでおよそ3~4分、高度100kmのMarkⅡでおよそ5~6分となっています。


フライトは実際どこから飛ぶんですか。
MarkⅠはアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近くのモハベ空港兼宇宙港を予定しています。


他の会社の宇宙旅行とは何が違うのですか。
機体の違いはもちろんありますが、フライト時間やフライト時に搭乗できる人数も異なります。岩城氏の搭乗するLynxは、パイロットと参加者の2名での飛行となり、参加者自体がパイロットの隣に副操縦士のような位置に座るのが特徴です。


PROJECT TOP