PROJECT
SPACE FLIGHT


あなたの宇宙体験は、
壮大なSXC宇宙港(キュラソー宇宙港とモハベ宇宙港)から始まる。



Lynx Mark II –キュラソー宇宙港とモハベ宇宙港から発進
・発進前プロトコル
このプロジェクトで使用する宇宙船SXC Lynx Mark IIは、スペースシャトルを含めこれまでに開発された他の全ての宇宙機と違い、自立した離着陸システムを装備しています。
革新的な4基のロケットエンジンは、飛行中にいつでもシャットダウンして再起動することが可能。使い捨てのキャリヤーロケット、キャリヤー、または着水はありません。キュラソー宇宙港の滑走路から出発し、宇宙飛行の後、滑空し着陸する滑走路に戻ります。
そんなLynx Mark IIでのあなたの席は、なんとパイロットの隣。そして離陸に関する様々なチェックをすることになります。
そして4基のエンジンが始動。あなたの宇宙旅行が始まります。

・T +58秒: 音速の壁を突破
あなたはジェットパイロットやフォーミュラ・ワンのドライバー達のように、強力なスラストを体験することになります。なぜなら、あなたの気がつかないうちに、Lynx Mark IIは信じられないほどのスピードで加速するからです。
滑走路の両側の上空の景色はぼんやりした青緑色に変わり、高速で急勾配に上昇。上空に向かって速度を上げるにつれて、広くて透明なキャノピーからの素晴らしい眺望が出迎えてくれます。
そして1分以内に、あなたは音速の壁を突破。チャック・イェーガー(1947年に最初にこの偉業を成就した男)の領域に入ります。

・T +180秒:弾丸よりも速く
離陸は極めて稀有の体験となるでしょう。強力な4基のロケットエンジンがもたらす莫大な加速を感じ、まもなくあなたはマッハ2.9に達します。F16のパイロットでさえも、めったに達成し得ない領域です。

・エンジンのカットオフ:たった500人しか見たことがない地球
約60kmの高度に届くとパイロットはエンジンを切ります。そして放物線飛行が始まり、数分間の無重力状態が始まるのです。
公式の宇宙フロンティアは高度100km。Lynx Mark IIは高度103kmで最高地点に達します。その世界は日光があるにもかかわらず、空は完全な暗闇。操縦席から見える地球は湾曲がはっきりと見え、その景色はいまだ、500人超の宇宙飛行士しか体験したことがないのです。

・Gliding back on the wings of an angel
宇宙で5~6分滞在した後、Lynx Mark IIは地球への降下を始め急激に加速。その速度を低下させるために引き起こし運動を行います。この間、あなたは10~20秒にかけて4Gを体験するのです。
その後は眺望を楽しみながら滑空。しばしばfloating "on the wings of an angel,"と言及される、約40分の滑空飛行の後、Lynx Mark IIはキュラソー宇宙港またはモハベ宇宙港の滑走路上に着陸します。
約1時間、夢のような宇宙旅行が終わります。


Lynx Mark I –モハベ宇宙港から発進
・発進前プロトコル
このプロジェクトで使用する宇宙船SXC Lynx Mark Iは、スペースシャトルを含めこれまでに開発された他の全ての宇宙機と違い、自立した離着陸システムを装備しています。
革新的な4基のロケットエンジンは、飛行中にいつでもシャットダウンして再起動することが可能。使い捨てのキャリヤーロケット、キャリヤー、または着水はありません。キュラソー宇宙港の滑走路から出発し、宇宙飛行の後、滑空し着陸する滑走路に戻ります。
そんなLynx Mark Iでのあなたの席は、なんとパイロットの隣。そして離陸に関する様々なチェックをすることになります。
そして4基のエンジンが始動。あなたの宇宙旅行が始まります。

・T +58秒:音速の壁を突破
あなたはジェットパイロットやフォーミュラ・ワンのドライバー達のように、強力なスラストを体験することになります。なぜなら、あなたの気がつかないうちに、Lynx Mark Iは信じられないほどのスピードで加速するからです。
滑走路の両側の上空の景色はぼんやりした青緑色に変わり、高速で急勾配に上昇。上空に向かって速度を上げるにつれて、広くて透明なキャノピーからの素晴らしい眺望が出迎えてくれます。
そして1分以内に、あなたは音速の壁を突破。チャック・イェーガー(1947年に最初にこの偉業を成就した男)の領域に入ります。

・T +180秒:弾丸よりも速く
離陸は極めて稀有の体験となるでしょう。強力な4基のロケットエンジンがもたらす莫大な加速を感じ、まもなくあなたはマッハ2に達します。F16のパイロットでさえも、めったに達成し得ない領域です。

・エンジンのカットオフ:宇宙の境い目まで
約42kmの高度に届くとパイロットはエンジンを切ります。そして放物線飛行が始まり、数分間の無重力状態が始まるのです。
Lynx Mark Iはすぐに高度103kmの最高地点へ達します。宇宙の境目である世界は、日光があるにもかかわらず、空は完全な暗闇。広大なモハベ砂漠の上空高く、山脈とロサンゼルスを越えて太平洋まで見渡せるだけでなく、操縦席からは地球の湾曲がはっきりと見えます。

・Gliding back on the wings of an angel
宇宙で3~4分滞在した後、Lynx Mark Iは地球への降下を始め急激に加速。その速度を低下させるために引き起こし運動を行います。この間、あなたは10~20秒にかけて4Gを体験するのです。
その後は眺望を楽しみながら滑空し、モハベ宇宙港の滑走路上に着陸。約45分間、夢のような宇宙旅行が終わります。


FLIGHT SCHEDULE
Lynx Mark ⅠRoll out Event Q3 2015

PROGRAM SPACECRAFT WHEN
TEST FLIGHT Lynx Mark I Q3 2015
FIRST COMMERCIAL FLIGHT Lynx Mark I 2016
TEST FLIGHT Lynx Mark II 2016
FIRST COMMERCIAL FLIGHT Lynx Mark II 2017



PROJECT TOP